top of page

旬菜しんのお飲み物

今朝は思わず「さぶっ」とこぼすほど、朝方の冷え込みにびっくりしました。

(さぶいは関西の言い方でしょうか?)

年々ちょうどいい季節が少なくなっていくようで寂しくもあります。


さて、今日はお飲み物のお話を少し。

お酒はやはり和食なので日本酒を一番多く取り揃えておりますが、実はソフトドリンクも充実しております。

一例をあげますと、

・季節のストレートジュース

  季節ごとに各地の果汁100%のジュースを仕入れています

・季節のフルーツソーダ

  季節の果物と粗糖・自然な素材のみを使ってお店で作ったフルーツシロップのソーダ割です

・自家製ジンジャーエール

  レシピをご所望になる方もおられるほど、1番人気の自家製ジュースです


私自身、ハンドルキーパーの日やお酒を控えている時にお店屋さんに美味しいジュースがあるとちょっと嬉しくなるので、旬菜しんではおいしさはもちろんできるだけお食事の邪魔をせず、体に優しい仕立てのものを揃えることにこだわっています。

これから秋本番のストレートジュースは、その名も「ぶどう農家の自家用ジュース」

このジュースに出逢ったのは開店初年度の秋。秋はやはりぶどうジュースを置きたい、できるだけ農薬や化学肥料に頼らずに育てられたぶどうのジュースを、と探していた時に宮城の佐藤商店さんのホームページで出逢いました。(時代のおかげでこんな小さな和食屋でも遠く宮城の酒屋さんに出逢うことができました)佐藤商店さんへ→


佐藤商店さんには毎年お世話になっているのですが、年に1~2回ぶどうジュースの頃のみの注文にも拘らず、「ぶどうジュース、今年も美味しいです!」といつも必ず自筆のお葉書を下さいます。そして瓶に巻かれた緩衝材(ぷちぷち)のテープも、こちらがはがしやすいように少し端を折ってくださるという丁寧さ。すっかりファンになっています。



ジュースを早速いただくと、まずはその濃厚さににっこり。そして程よい酸味とほんの少しの渋みで甘みをきれいにまとめてくれるので、飲み疲れません。凝縮感があるので、お店ではワイングラスに氷を一つ浮かべて溶かしながら召し上がっていただくようにしました(1本あたり1キロの生ぶどうが使われています!)。お客様からも好評で、ワインを飲んでいるみたい!と、楽しんでいただいています。

こちらのぶどうは岩手県花巻市で、大和田さんとおっしゃる元料理人のぶどう農家さんが、除草剤や化学肥料に頼らずに丁寧に育てられているとのこと。いつか畑を訪ねてみたいと思いながら今年も仕入れました。佐藤商店さんのホームページに農家さんのことも紹介されているので、是非ご一読を。


そしてもう1本、今回新しく加えましたのがシチリア産のオレンジソーダの素。原材料はオレンジ・レモン・きび砂糖のみ、全てオーガニックで育てられており、添加物も使わずに作られています。ソフトドリンクというと甘いものが多いイメージで食中には好まないという方も多くいらっしゃるので、“甘くないノンアルコールドリンク”を置きたくて仕入れました。

甘くないことはイメージしていましたが、想像以上にすっきりとしていてほのかな苦みがオレンジの風味をより感じさせてくれる、まさに探していた1本。女将はにっこりです。


お酒が飲めても飲めなくても飲まなくても、美味しいと思ったものだけ置いておりますので、是非一度ご賞味くださいませ。



明石でちょっと贅沢な和食を

旬菜しん

明石市鍛冶屋町1-8 楠ビル1階

078-940-9911

昼の部 11:30〜13:00(L.O)

夜の部 17:30〜19:30(L.O)

昼夜共前日までの要予約

定休日:水曜日





閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page